スマートフォン向け
UIデモ:タブコントロール
Publisherで生成したWebアプリはFileMaker Proのタブコントロールを利用することができます。
他のUIと同様、FileMaker Proのレイアウトに設置するだけでWebアプリから利用できますので、プログラミングは不要です。